国際人であるということ

by Gareth, April 28, 2017

ローマで

日本人のあなたが、今イタリアのローマにいるとします。とてもワクワクしてすがすがしい気分です。トレビの泉コロッセオやトレビの泉、かの有名なグラディエーターやジュリアスシーザーの世界、大理石や花崗岩などの荘厳な建造物に囲まれて、スペイン広場の階段に座る時も目前に迫っています。明日はいよいよバチカン市国観光。バチカン美術館で目にした素晴らしい芸術作品に想いを馳せながら、おしゃれなお店でピザを頬張る自分を想像します。急に喉の渇きを覚えて、角に見つけた店に水を買いに行くことにしました。ここに来る前に数ヶ月間猛勉強してきたイタリア語を話してみようと、ドキドキしながら店に入ります。カウンターの中の女性に微笑みかけられ、イタリア語を使うチャンスだ!と身震い。「ニーハオ」・・・? あなたが言葉に詰まっていると「ニーハオ、ウォ ケイ バン ニ マ?」ともう1度。あなたは呆気にとられます。ちょっと待ってよ。私は中国人じゃないし、ここは中国じゃない。イタリアよね!?なんで中国語で話しかけてくるの?私はイタリア語を話したいし、そもそも私は中国人じゃなくて日本人よ!

あなたならこのシチュエーションでどう思いますか?

京都で

ここでも、想像してみてください。フランス人が初めて京都を訪れています。とてもワクワクして、興奮している様子です。とてもエキゾチックで想像以上の素敵な街。清水寺までの道のりは地元の人々と観光客で溢れかえっています。店先には扇子や色とりどりの浴衣などが売られていて、お寺の門が人々を手招いています。カメラのメモリーカードを変えようと思ったところにちょうどカフェを見つけました。良かった!「メモリーカードを交換するついでに、コーヒーを頼んで勉強したばかりの日本語を使ってみよう」。お店に入ると、ウエイトレスが微笑みかけます。よし!頑張って勉強した日本語を使う時が来た。えーと、なんだったっけ?「こ、こん・・・」「ハロー、ハウ キャン アイ ヘルプ ユー?」店員が英語で話しかけてきました。

このフランス人はどう思ったでしょうか?何かおかしいと思いませんか?今この瞬間にも、世界のどこかで旅行中の人が遭遇しているかもしれない状況を取り上げてみました。英語で話しかけられているかもしれないし、最初の例のように中国語かもしれませんね。

上の例の店員たちを見て国際人だなぁと思いますか?何か解決策はあるでしょうか?国際人であるということの本当の意味をゆっくりしっかりと考えると、何かに気付けるかもしれません。アジア人の顔つきをしているからといって中国人とは限りません。白人の顔つきをしているからといって英語を話すとは限りません。どうすればこの問題を解決して本当の意味で国際人になって、他の文化を理解できるのでしょうか。以下の2つの対応を比べてみることから始めてはどうでしょう。

あなたは日本人でスターバックスで働いています。黒人のお客様がカウンターに近づいて来ます。


例A

あなた:Hello?

客: {困惑の表情} .......Hello

あなた:What would you like to order?……………..


例B

あなた:いらっしゃいませ

客: {困惑の表情} ……..

あなた: Oh, I’m sorry, do you speak English?

客: Yes a little.

あなた: So, where are you from?

客: I’m from France

あなた: Oh really?…. I’m sorry, I don’t speak French, is English ok?

客: Yes sure.

あなた: Ok great...What would you like to order?……………..


どちらの対応が好ましいと思いますか?どちらの店員が他文化理解が出来ていて、日本以外の「世界」を分かっていると感じますか?どちらが真の「国際人」でしょうか?後者は少し時間を取りますが、個人的には真に国際的で他文化理解ができていると感じます。例;Bの様に接することができればより良い印象を与えることができますし、お客様も心地よいでしょうね。

接客英語を学びたい方にはこちらの接客英会話コースをご用意しています。ぜひご覧ください!

Tagged: · ·


Page generated in roughly: 0.041046 Seconds, 0 API Calls, 17 SQL Queries, 0 Cache Objects